Noda-yeg.jpは移転しました。今後はnodayeg.comにアクセスをお願いいたします。

日本の商業の概要

当サイトでは、日本の商業について概要を説明する記事を掲載しています。

商業とは

商業とは、商品を売って利益を得る事業のことです。スーパーやデパートなどの小売店や、小売店に商品を卸す卸売業などが商業に含まれます。小規模な個人店も商業店のひとつです。

古墳時代に遡る古代から、人が集まるところには商業が生まれました。貨幣が普及する物々交換の時代から、人は物を売買する商業を生活の基礎の一部として生きていたのです。

日本の商業

2012年の統計調査では、日本にある商店は103万点、年間販売額は115兆円に上ります。さらに、商業で働く人の数は740万人。多くの雇用を生み出している業界です。

販売する商品の種類別では、飲食物を売る店が30.8%と最も多く、その後に衣服や身の回りのものを売る店(14.3%)、自動車・自転車(8.7%)、医薬品・化粧品(8.3%)が続きます。

百貨店や総合スーパーなどその他の店は18.8%となりました。